クマさんのこんな毎日
何気ない毎日の一場面を綴る写真日記です。

ドイツ旅行記

2009年6月9日~18日 ドイツ旅行の記録です
ドイツ8泊10日で世界遺産いくつまわれるか!! 


                          旅に出ます

           1日目 6月9日(火)  成田~ベルリン

           2日目  10日(水)  ベルリン市内

           3日目  11日(木)  ベルリン~イエナ

           4日目  12日(金)  イエナ~ドレスデン

           5日目  13日(土)  ドレスデン~プラハ日帰り

           6日目  14日(日)  ドレスデン市内とマイセン~エルベ渓谷

           7日目  15日(月)  ドレスデン~バイロイト~レーゲンスブルグ

           8日目  16日(火)  レーゲンスブルグ~バンベルグ~ヴュルツブルグ~ハイデルベルグ

           9日目  17日(水)  ハイデルベルグ~3ヶ所~フランクフルト

          10日目  18日(木)  帰国しました

帰国しました

本日、ドイツ(ちょこっとチェコ)の旅から無事帰って来ました

NH210

ドイツを走り回って世界遺産を見まくった8泊10日
車旅行ならではの柔軟さでたくさんの貴重な体験が出来ました


【おまけ】

バンベルグの雑貨屋さんで見つけた犬の置物

置物

日本に連れて来ちゃいました飛行機

うちの子



最終日ハイデルベルグ~3ヶ所~フランクフルト

『 ドイツ8泊10日で世界遺産いくつまわれるか!!』
今回の旅行もとうとう最終日になりました

さぁ~ラストスパート いざロルシュ(Lorsch)へ(約35km)

世界遺産14:ロルシュ僧院遺跡

ロルシュ修道院跡

ロルシュ修道院跡2

ここだけの話…これがなぜ世界遺産なのわかりません3 (^^;

ロルシュの街はどことなくスイスに似ています

まるでスイス

街角のカフェで朝食

カフェ

朝食

ちょうどそこに郵便配達のおじさんが来て
カフェにいた人に郵便を渡してました

きっと町中の人の顔を覚えてるんでしょうね

郵便屋さん

ちなみにドイツの郵便ポストは黄色です

郵便ポスト

朝食を済ませ次の目的地メッセル(Messel)へ(約56km)

To Messel

世界遺産15:メッセル・ピット化石地域

メッセル化石群

メッセル化石群2

ここだけの話…これがなぜ世界遺産なのわかりません4 (^^;


残り時間も少なくなったので最後のザールブルグ(Saalburg)へ(約52km)

世界遺産16:リーメス ─ ローマ帝国の国境線

ローマ皇帝がゲルマン民族の侵攻を防ぐために築いた長城
約550kmに渡り、万里の長城に次ぐ長さを誇る

リーメス

リーメス2

ローマ兵士の宿舎も再現されています

宿舎

宿舎2


これで今回の世界遺産巡りは終了

8泊10日でなんと16ヶ所

この後バッドホンブルグ(Bad Homburg)で食事をしてから
フランクフルト空港へ(約29km)

全工程の総走行距離約2500km

頼れる相方メルセデス Cクラス ステーションワゴン(アバンギャルド)

メルセデス

お疲れさまでした


【おまけ】

空港へ行く途中のSAにあった物見櫓のような建物

物見櫓

最上階から見えたフランクフルトの市街地

Frankfult

8日目レーゲンスブルグ~バンベルグ~ヴルツブルグ~ハイデルベルグ

今日も最初の目的地バンベルグ(Bamberg)目指して
アウトバーンを快調に走ります(約161km)

To Bamberg

途中のSAのトイレは閉まっているので
お店でを借りて使用

SAのトイレ

世界遺産11:バンベルグ旧市街

1012年ハインリヒ2世によって建てられた大聖堂(火災により1237年再建)

大聖堂

4つの尖塔が特徴なのに・・・
うまく撮れなかったので画像を拝借(^^;

大聖堂2

バンベルクの騎士

バンベルグの騎士

ハインリヒ2世夫妻の墓

ハインリッヒ2世の夫妻の墓

祭壇とパイプオルガン(右上)

祭壇とパイプオルガン

大聖堂の向かいに建つ新宮殿

新宮殿

庭園は美しいバラ園になっています

バラ園

新宮殿を後に旧市街へ

市街地へ

マインツ川の支流レグニッツ川が街の中央を流れています

レグニッツ川

川の中州に建てられた旧市庁舎

旧市庁舎

隣の橋から全体を見ると不思議な造りをしています

旧市庁舎3

が降り出したのでヴュルツブルグ(Würzburg)へ向かいます(約100km)


世界遺産12:ヴュルツブルク・レジデンツ 

レジデンツは領主司教の居城として18世紀に建てられたものですが、
聖職者の館としては広さも内装も破格に豪華です

レジデンツ

2階へ続く階段のためだけに作られた『階段の間』
その天井には世界で一番大きいフレスコ画があります

階段の間

注:内部は撮影禁止なので絵葉書から転載

レジデンツ付属のホーフ教会も超豪華

ホーフ教会

市庁舎前広場のマーケット

マーケット

マリア礼拝堂

マリア礼拝堂

今日はヴュルツブルグに泊まる予定でしたが
時間に余裕があったので急遽次の世界遺産まで行くことに

ヴュルツブルグをあとにシュパイヤー(Speyer)へ向かいます(約168km)


世界遺産13:シュパイヤー大聖堂

シュパイヤー大聖堂

シュパイヤー大聖堂2


宿泊予定のホテルをキャンセルして
ハイデルデルグ(Heidelberg)に泊まることに(約35km)

To Heidelberg

旧市街・ハイデルベルグ城・カールテオドール橋を望む

Heidelberg

もう歩く気力もなく3●年前に訪れたことがあるので
今回観光はパス(^^;

Cafe ROCCI でドイツ旅行最後の夕食です

Cafe ROCCI

ペンネ ステーキ
ホワイトアスパラガス

今日のお宿はCROWNE PLAZA HEIDELBERG

CROWNE PLAZA HEIDELBERG

本日の走行距離約465km

7日目ドレスデン~バイロイト~レーゲンスブルグ

今日は長距離移動日です
まずはバイロイト(Bayreuth)までひとっ走り(約231km)

アウトバーン

途中のSAで朝食ドイツっぽい?

朝食

2時間弱でワーグナーの愛した街・バイロイト到着

ワーグナー博物館(バーンフリート荘

ワーグナー博物館

新宮殿

新宮殿

新宮殿2

新宮殿の小道


毎年7月~8月バイロイト音楽祭(リヒャルト・ワーグナー音楽祭)が開催される
祝祭劇場

祝祭劇場

オペラハウス(辺境伯歌劇場)
2012年6月、世界遺産に登録されました

オペラハウス

バイロイトの街並み

街並み 街並み2


次は街から5kmのエルミタージュ公園へ

エルミタージュ

太陽の神殿

太陽の神殿(裏)

太陽の神殿

外壁は色とりどりの石で出来ています

外壁


が降り出したので
次の目的地レーゲンスブルグ(Regensburg)へ(約145km)

世界遺産10:レーゲンスブルク旧市街

聖ペーター大聖堂

大聖堂

祭壇

旧市街

旧市街

旧市街2

旧市街3

旧市街4

ドナウ川に架かるドイツ最古の石橋

石橋

その橋の近くに850年続く世界最古のソーセージ屋さん
ザルツシュターデルがあります

ソーセージ屋

炭で焼いたソーセージは皮がパリッとして

ソーセージ

こちらはローストポーク
付け合せのザワークラフトが癖になる酸っぱさ

ローストポーク


お土産にお店のオリジナル・マスタードを買い
街の東11kmにあるヴァルハラ神殿へ

走っていると緑の中から突然神殿が姿を現しました

ヴァルハラ神殿

この神殿はアテネのパルテノン神殿を模して
1842年に建てられたそうです

神殿からはゆったりと流れるドナウ川が

眺望

時間が遅かったので内部は見ることが出来ませんでした
ホテルへ向かいます

今日のお宿:Best Western Premier Hotel 

Best Western Premier Hotel

本日の走行距離約400km


【おまけ:働く女性】

バイロイトのジューススタンドの美しいお姉さん

お姉さん

ソフトクリームを買いました

ソフトクリーム


レーゲンスブルグのソーセージ屋さんで
炭火でソーセージを焼いているおばちゃん

おばちゃん

6日目ドレスデン市内とマイセン~エルベ渓谷

まず最初は陶磁器で有名なマイセン(Meissen)へ(約31km)

アウトバーンを降りマイセン郊外を走っていると
畑で人が何かしているのを発見

苺畑

近づいてみると・・・

看板

なんと、苺摘み

摘んだ分だけ重さを量って買取ることができますが
取りながら食べてはいけません(原則としては…)

お姉さん

お客さん

しばし苺摘みに没頭(笑)

苺

デカ苺

こんなに取っても5ユーロ(約700円)

収穫

こんな寄り道が出来るものレンタカー旅行ならでは
お腹もいっぱいになったので、いざマイセンへ

国立マイセン陶器工場を見学

マイセン陶器工場

ヘッドフォンで日本語の説明を聞きながら
制作工程を見ていきます

成形 細部制作
絵付け 色付け


エルベ川沿いの道を走ってドレスデンに戻ります(約25km)

ドイツ衛生博物館

ドレスデン衛生博物館

ツヴィンガー宮殿

ツヴィンガー宮殿

ツヴィンガー宮殿2

中央の時計の両脇に付いているベルはマイセン陶器製

ツヴィンガー宮殿3

城壁の彫像の色が左右で違うのは…

              清掃前                       清掃後

清掃前 清掃後  

宮殿の門を出ると目の前は劇場広場

広場の右側にはドレスデン城と大聖堂があります
手前にはカフェ・シンケルヴァッフェ

大聖堂と城

大聖堂の祭壇

祭壇

中央にはザクセンの王ヨハンの銅像

銅像

左側はゼンバーオペラ座

オペラ座

マイセン磁器のタイルで描かれた「君主の行列」

君主の行列

市街地をあとに向かった先は…

世界遺産9:ドレスデン・エルベ渓谷

注:交通渋滞の緩和を目的にエルベ川両岸を結ぶ新しい橋の建設に着手したため
帰国後の6/25世界遺産リストから外されました


この辺はザクセンのスイスと呼ばれる景勝地で
その中でも一番の見所バスタイ(Bastei)へ(約35km)

深い谷とそそりたつ奇岩

バスタイ

バスタイ2

岩場に架かる橋を渡ります

バスタイ3

麓の駅クロルト・ラーテン

クロルト・ラーテン

怖いもの知らずなお姉さん

aho

時間も遅くなったのでバスタイのホテルで夕食

レストラン

「パノラマレストラン」からの眺望

眺望

お料理各種

生ハム スープ サラダ
ステーキ 肉各種 魚

食事を済ませドレスデンへ戻りました
本日の走行距離約130km
 

5日目ドレスデン~プラハ日帰り

当初の計画ではプラハ経由ウィーンへ行くつもりでしたが
チェコへの大型車両乗り入れが禁止になっていて
仕方なく1日だけコンパクトカーを借りてプラハ日帰りになりました

ワーゲンゴルフ

ところが、目的地の名前を正確に把握していなかったので
本来なら高速を利用するべきところを一般道をひたすら走り・・・

ドイツとチェコの国境を通過EU圏なので検問はありません
↓これは国境通過直後のチェコ国内

国境付近

チェコの田舎道

やっと高速に乗ったのでSAで朝食

SA

ローストポークとチェコの代表的な料理グラーシュ(牛肉煮込み)
付け合せの白いものは蒸しパン

ローストポーク グラーシュ

店内で見付けたGreen Tea…甘いです(^^;

Green Tea

プラハ市街を通過し再び一般道路へ
偶然、古城を見付けたり

古城

道路脇の桜の木にサクランボがたくさん生っていたり

桜の木

でも甘くも何ともありません
どーりで誰も取らないはずだよね(^^;

サクランボ


ひたすら草原の1本道を走ること2時間半
ようやく辿り着いた目的地は…

世界遺産7:クトナー・ホラ(Kutná Hora)歴史地区(約240km) 

まずはコストニツェ(墓地教会)

コストニツェ

ここの地下納骨堂には約4万体もの遺骨が納められています
それも全て装飾品として・・・圧巻です 

地下納骨堂

シュヴァルツェベルグ家の紋章

シュヴァルツェブルグ家の紋章

シャンデリア

シャンデリア


次に訪れたのは聖バルボラ大聖堂

聖バルバラ大聖堂

↑これは裏側ですが、上から見るとこんな感じ(ガイドブックより)

聖バルバラ大聖堂2

1388年に開始された建設は度々中断され
500年以上経った1905年にやっと完成したそうです

美しい網状アーチ型天井

天井

天井2

祭壇が3ヶ所

祭壇1

祭壇2

祭壇3

周りの窓には美しいステンドグラス

ステンドグラス ステンドグラス2 ステンドグラス3


クトナー・ホラを後にプラハ(Praha)へ(約84km)

世界遺産8:プラハ歴史地区 

小高い丘に建つ街のシンボル…プラハ城

プラハ城

ヨーロッパに現存する最古の石橋、カレル橋

カレル橋

さすがプラハは観光地だけあって裏路地まで人がいっぱい

プラハ市内 プラハ市内2

レンタカー返却の時間も迫っていたので
マックで簡単に夕食を済ませ一路ドレスデンへ(約170km)

Mac 

夕暮れの高速道路を走ります

夕暮れ

しかし途中で勘違いして高速を降りてしまったため
夕闇せまる草原や森の中を迷走

それでもどうにか間に合いセーフ
ドレスデン中央駅からタクシーでホテルへ戻りました

ドレスデン中央駅

本日の総走行距離は行きも帰りも道に迷ったので
なんと約500km

【教訓】

目的地設定は正確に

ガーミン(ナビ)は驚くような田舎道まで熟知しているので
疑わずに信じよう

4日目イエナ~ドレスデン

ダーウィンの進化論を広めることに貢献したエルンスト・ヘッケル
生物学者である彼が住んでいたヘッケルハウスへ

ヘッケルハウス

係りの女性から詳しい説明を受けつつ館内を見学

お気に入り

書斎


イエナは有名な光学機器メーカー“カール・ツァイス社”の町ということで
同社の光学博物館(Optisches Museum)へ

Optisches Museum

階段の踊り場にさりげなく置いてあるこの箱

BOX

全面鏡貼りになっているので、中には無限の空間が広がっています

無限空間


イエナをあとにワイマール(Weimar)へ(約22km)

世界遺産5:ワイマールの古典主義様式

マルチン・ルターの友人でもあった画家ルーカス・クラナッハの家

クラナッハの家

ヒトラーがバルコニーで演説をしたエレファント・ホテル

エレファントホテル

旧市街の中心にあるマルクト広場(正面は市庁舎)の市場には
いろいろな店があり観光客もたくさん訪れています

マルクト広場

ソーセジ 八百屋
花屋 チーズ

そんなお店の1つ…ソーセージ屋さん
ドイツ語でヴァイス(白い)ヴルスト(ソーセージ)を焼いて

ヴァイスヴルスト

こんな風にパンに挟んで食べます
それにしてもパンが小さ過ぎると思いませんか?(^^;
後日このパンは熱いソーセージを持つための物だと聞きました

ヴァイスヴルスト2

塩味が効いていてとても美味しいです

観光地らしく街中に馬車がいました

観光馬車


アウトバーンを西へ途中のSAで給油

給油

セルフで給油後、給油機の番号を言って店内で支払います
ガソリンは1リットル1.4ユーロ(約189円)


しばらく走って次の目的地アイゼナッハ(Eisenach)到着(約85km)

世界遺産その6:ヴァルトブルク城

ヴァルトベルク城

城からの眺望

眺望

城の裏は絶壁です

裏側



今度はアウトバーンを東へ走り…(約270km)

夕陽が西に傾いた頃、ドレスデン(Dresden)到着
本日のお宿はThe Westin Bellevue

The Westin Bellevue, Dresden

街を散策するためにホテル裏手の川辺へ出ると
旧市街地の宮殿や教会が夕日を浴びて輝いていました

夕陽に

夕陽に2

記念撮影用にこんなものが(笑)

記念撮影用

広い橋の上を市電が通ります

市電

エルベ川の夕景

エルベ川夕景

夕食は劇場広場のカフェ・シンケルヴァッフェ
ここには日本語メニューがありました

カフェ・シンケルヴァッハ

焼きモッツァレラチーズ&トマト とても大きなロールキャベツ
サラダ パスタ
デザート

いつの間にか大聖堂がライトアップされ

大聖堂

エルベ川には夕闇が

エルベ川夜景

本日の走行距離約380km


【おまけ:ドイツの車窓から】

アイゼナッハからドレスデンへ向かう道中は
の繰り返しで

だと丘の上の古城や風力発電の風車が見えます

古城

風車

上がりには薄っすら虹も

虹

でも一番驚いたのはの境目が見えたこと

雨&晴れ

3日目ベルリン~イエナ

朝からでしたがレンタカーを借りて世界遺産巡りスタート
まずはポツダム(Potsdam)へ

Europcar

土砂降りのの中、到着したのは…

世界遺産2:ポツダム・サンスーシ宮殿群と公園群

サンスーシ宮殿

宮殿から庭園を見下ろすとこんな感じ

上から

でも下に降りて見ると、階段状になった部分が葡萄棚です

下から

葡萄棚

庭園内は高い木立で仕切られた横道が放射線状に伸びています

横道

どの方向に何があるのか↓これで確認

方向盤

点在する建物の1つ、中国茶館

中国茶館


ポツダムを後に次の目的地へ向かう途中
優秀なナビゲーション“ガーミン”からこんな指示が

・・・その先 、フェリーに乗ります

ドイツの内陸部でフェリーに乗るの

半信半疑、言われるままに進むとそこには・・・

フェリー?

“矢切の渡し” ならぬ “エルベの渡し”(笑)

筏に3台乗せて出発

出発

約10分でエルベ川を渡り対岸へ到着

到着


さらに走ってデッサウ(Dessau)へ 

世界遺産3:デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国 

あまりに広大な庭園なので観光用カヌーで廻ります

カヌー

強風の中、漕ぎ手は彼女1人。頑張れっ

カヌー2

約50分の周遊で見えたモロモロの一部をご紹介

橋 金の壷
? 宮殿?
ここだけの話…これがなぜ世界遺産なのわかりません (^^; 

遊覧中、ずーっと付いて来た鴨達

お供


6月のヨーロッパは日没が21時半なのでもう一箇所

世界遺産4:バウハウスとその関連遺産群

バウハウス
ここだけの話…これがなぜ世界遺産なのわかりません2 (^^; 


宿泊地イエナ(Jena)へ向かう途中、アウトバーンのSAで夕食です

アウトバーンのSA

イエナのお宿はBest Western Hotel Jena

Best Western Hotel Jena

本日の走行距離約280km


【おまけ】

ドイツ国内でよく見かけた名前がわからない黒紫色の木
まるで日本のシソが大きくなったような木です

シソの木?

ヤドリギ

ヤドリギ

アウトバーンのSA内のトイレは有料です(0.5ユーロ)

トイレ


2日目ベルリン市内

公共交通機関が乗り放題+観光スポットやショップで割引が受けられる
ベルリン・ウェルカムカードを購入して市内観光へ

ベルリン・ウェルカムカート


世界遺産1: ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)

博物館島

ベルリンの中心部、シュプレー川の中州に5つの博物館が集まっています


旧博物館

旧博物館


ボーテ博物館

ボーテ博物館

ボーテ博物館のエントランスホール

ボーテ博物館2 ボーテ博物館3


ペルガモン博物館

古都ベルガモン(現トルコ領)から発掘された『ゼウスの大祭壇』

ゼウスの大祭壇

『バビロニアのイシュタール門』

イシュタル門

『ミレトスの市場門』

ミトレスの市場門

これらが全て室内に展示されてるから驚きです


に乗り向かったのは有名な『ブランデンブルク門』

ブランデンブルグ門・表

裏側はこんな感じ

ブランデンブルグ門・裏

ブランデンブルグ門


さらにで『カイザー・ヴィルヘルム記念教会』へ

1943年の空襲で破壊され、現在の部分だけ残されています
今では隣にモダンな新教会と礼拝堂が

カイザー・ヴィルヘルム教会

青いステンドグラスが美しい礼拝堂

礼拝堂


次は教会から歩いて5分のベルリン動物園へ
有名な白熊のクヌートがいる所です

ベルリン動物園


そしてお隣のベルリン水族館

ベルリン水族館


でポツダム広場へ
広場近くには東西ドイツ時代の監視塔が残っています

監視塔


再びで博物館島隣のベルリン大聖堂へ戻ります

ベルリン大聖堂

大聖堂の壁や像がこんなに真黒に汚れているのは
東ドイツ時代に燃料として使っていた石炭のせいだそうで
今は徐々に清掃作業が進んでいます

大聖堂の黒い壁

大聖堂1

大聖堂2

7269本の管を持つドイツ最大級のパイプオルガン

パイプオルガン

270段の階段を昇ってドームの展望台へ雫

階段

眺望

眺望2


最後はホテル内のアクアリウムへ
内側をエレベーターで上下しながら見ることが出来ます

水槽の中からは魚の向こうに部屋の窓が見えます

水槽の内側から

ガラス張りのエレベーターからも水槽がよく見えます

エレベーターから


夕食には今が旬のホワイトアスパラガスを

ホワイトアスパラガス

これで2日目終了
いやぁ~~ほんとによく歩いたぁ~~


【おまけ@ベルリン】

大通りの歩道部分は2色に色付けされていて
赤い所は専用道路になっています

自転車専用道路

うっかり道にはみ出すとリンリン鳴らされます


カフェで注文したアイスクリームとコーヒーフロート(パフェではありません)

@cafe

ちなみに横のエビアンは500mlのものです
これで値段は1つ5ユーロぐらいだったと思うけど・・・(1ユーロ=約135円)
ベルリンの物価は全体的に高めです

1日目成田~ベルリン

成田11:30発 ANA210便でフランクフルトへ

フランクフルト空港

今回のは各自マイレージを利用しているため
はANA 、他の3人はJALで別々に出発
乗り継ぎ地のフランクフルトで待ち合わせました

無事合流後、20:35発 LH194便でベルリンへ

21:45 ベルリン・テーゲル国際空港(Tegel Airport)に到着

ベルリン空港

ホテルに向かうタクシー

TAXI

バックミラーに料金が表示されてます

ベルリンのお宿はRadisson Blu Hotel

アクアリウム

ロビーには高さ25mの世界最大級の円筒アクアリウムがあります

明日からの世界遺産巡りツアーに備えて即おやすみなさい